投稿日:

銀行系カードの融資について

カード融資や貸し出しは、近頃はグレーゾーンの問題など社会的な関心事にもなっています。

貸金業に関わる法律が2010年6月に改正された事もあり、小規模の支出者金融法人の中には新たな融資を行わないというところも出てきたようです。

金融法人によっては、金融業界そのものからの手を引いているようです。

中小お願いの支出者金融法人が身を引くかたわら、一流企業の消費者金融法人は自社で発行するカードを使った貸付金に力を入れています。

中でも一流企業銀行各社は、個人向けの融資に特に力を入れています。

銀行系の支出者金融もカードを中心としたキャッシングなど個人に対する融資を更に拡大やりたいところです。

各社はこの業界で生き残っていくため、色々な戦略を行っています。

みずほ銀行カードローンは、5%から14%という低い利息で融資を行っています。

融資限度額は500万円といった前提でカード融資を行っており、業界でもかなり評判が高いと言われています。

三菱東京UFJは、中でもオンライン扱ってが中心のじぶん銀行とちょっと内容を分けてカード融資を行っています。

じぶん銀行は、既に口座を持っている人なら申し込んで即日の融資も受けられますし、低い金利で使用できます。

三菱東京UFJ本体のカード貸し出しは、申込みもしやすくなり評判も上々のようです。

この後も、カードクレジットの融資条件はより利便性が高くなるのではないかと予想されています。